ティーンエイジャーの年代で経験することは多いですが、中でも大きな経験は男女の恋愛です。相思相愛になればハッピー。失恋になっても、それは良い経験になっていることでしょう。学生時代の恋人同士が結婚に至ることもあります。同窓会でも盛り上がるテーマの一つでしょう。社会人になっても、恋愛経験はあります。学生時代と違って、年相応の交際になると結婚を前提にすることもでてきます。

そんな相手と交際しているならば、結婚することができるのか知りたくなります。そんなときに占いがでてくるわけです。最近の占術は的中率が高くなってます。その理由は鑑定技術がどーんと上がったことが言えます。きちんとした学問的な体系にまとめられていることもあります。常に新しい研究をしている人が多いからです。

よく当たる占いですが、西洋占星術や手相占いは、経験値が増えれば増えるほど的中率が上がります。占い師の経験年数が上がれば当然のように当たる占術として成熟するのです。姓名判断やタロットカード占いは方法論は変わりません。しかし、解釈することが多彩になります。

興味深いことに占いをしていると不思議な共通点が見えてきます

当たるも八卦あたらザルも八卦。占いとはそういったものです。ですが、大きな判断を迫られるときに一つのアドバイスとして頼ることもできます。占いの種類は多くあり、四柱推命・西洋占星術・人相占い・手相占い・タロットカード占い・動物占い・霊視などさまざま。

興味深いことに占いをしていると不思議な共通点が見えてきます。占いのジャンルが異なると、鑑定結果が違いそうなものですが、そうではありません。つまり、そんな占いをしても、運勢や運命などは決まっているようですね。

私が経験したのは金回りの話。鑑定結果で私はお金に困らないと言われました。けれども、その当時はお金に困っていたのです。その原因らしきことは複数の鑑定師から指摘されました。お金が次々に入ってくるけれども、使うお金が多すぎることでした。

冷静になって考えてみたら、思い当たる節がありました。その結果、出ていくお金をできるだけ少なくしました。このようにして、私はお金に困らなくなったのです。タロットカード占いでも、手相占いや霊視でも同じ結果になりました。不思議と鑑定師は、そんな能力を持っているようですね。

出典:当たる電話占いで婚期や彼との相性を占ってみましょう!